歯並びにコンプレックスを抱えている人は非常に多いのではないでしょうか?

この記事にたどり着いたということはあなたもそのうちの1人なのではないかと思います。

まぁ、日本人は元々歯並びが悪い人種なので歯並びが悪いことはしょうがないと言えるでしょう。

きっとあなたの周りにも歯並びがコンプレックスで悩んでいる人はたくさんいると思います。

しかし、金銭的に余裕がなくて歯列矯正をすることができないというのが現状だと思います。

歯列矯正って高いですもんね。
普通の買い物とは訳が違います。


歯Dr歯Dr

歯並びにコンプレックスを抱えている人は実に様々じゃ。


まさにその通りで歯並びにコンプレックスを抱えている人は本当にいろいろな人がいらっしゃると思います。

例えば、

・中学生、高校生、大学生といった学生達
・結婚を考えた20~30代の男女
・子育てをしている専業主婦

などといった人達が一般的には多いのではないかと思います。

恋愛真っ只中の学生は歯並びが悪いと非常に辛いですよね。

周りは恋愛ばっかりしているのに自分は歯並びがコンプレックスで恋愛に積極的になれないのではないかと思います。


はやとはやと

僕も学生時代歯並びにコンプレックスを抱えていたのでその辛さはよく分かります。

また、結婚を考え始めた20~30代の男女も歯並びが悪かったらかなりのコンプレックスに感じてしまいますよね。

こんな醜い歯並びの自分を好きになってくれる人なんかいないと自暴自棄になってしまうことだってあると思います。

子育てをしている専業主婦に関しては旦那さんの稼ぎが少なかったら歯列矯正なんて夢の話ですよね。

子育てにもかなり費用がかかるのに歯列矯正にお金をかけている場合ではないと思います。


歯並びにコンプレックスを抱えている人達はいずれもお金がない人だと思います。

では、お金がないからといってこれからの人生、一生歯並びにコンプレックスを抱えて生きていかなくてはならないのでしょうか?

そんな人生悲しいですよね。

ということで、歯並びにコンプレックスを抱えているあなたに私から少しアドバイスをさせていただきます。

スポンサーリンク


お金がなく歯並びにコンプレックスを抱えているあなたへアドバイス

今、あなたは歯並びのコンプレックスで悩んでどうすればいいか分からない状態だと思います。

「お金がないから歯列矯正なんて始められない」

「自分の歯並びが周りからどう思われているか怖い」

「人とできるだけ会話がしたくない」


などなど様々な状態だと思います。

私も以前までは歯並びにかなりのコンプレックスを抱えていたので常にこのようなことを思っていました。

さらに、実家はシングルマザーで貧乏だったため歯列矯正なんて到底始められる状況ではありませんでした。

ですが、私は高校3年生のときに歯列矯正を始めその後、全額自分で支払いました。

高校生の私でも親に一切頼らず歯列矯正を始められたのです。

ということで、私の体験談をもとにあなたに具体的なアドバイスをしていきたいと思います。

自力で治すのは絶対にやめた方がいい

よくネット上に歯並びを自力で治す方法というのがありますよね。

お金がなくて歯列矯正ができない方は誰もが1度は試したことがあるのではないでしょうか?

もちろん私も試したことがあります。

しかし、結論から言うと自力で治す方法というのはほとんど意味がありません。

やるだけ無駄です。

自力で治す方法で歯並びが改善できるのはせいぜい小学生くらいまででしょう。

さらに、それも上手くいった場合です。

歯並びの型が固まってしまった成人は絶対に無理だと思います。

歯は、

・弱い力を持続してかけ続ける
・歯が動くためのスペースがある

この2つの条件があってからこそ動くのです。

そのため、たかが数時間歯を自分で押したところで意味がありません。

また、そもそも歯が動くためのスペースがないのに歯を押しても意味がありません。

運良く歯が動いたとしても数時間で元の歯並びに戻ってしまします。

それは歯には動いても元の位置に戻ろうとする力が発生するからです。

だから、歯列矯正後にはリテーナーという綺麗になった歯並びを固定する期間があるのです。

これらのことから自力で歯並びを治そうとすることはやめてくださいね。

歯列矯正がなぜ高額なのかをよく考えてください。

それは歯並びを治すのにはとても高度な技術が必要だからです。

スポンサーリンク


お金を稼いだり歯列矯正のためにお金を作ればいいだけの話

歯並びにコンプレックスを抱えているけど、お金がないから歯列矯正が始められない。

ということは、話は簡単でお金を稼いだり作ったりすればいいだけの話なのです。

そもそも、お金がなくて歯列矯正を始められない、と言っている人達は本当にそんなにお金がないんですかね。

「毎日、ご飯が食べられるかも分からない」

「生きていくのがやっと」

「借金がたくさんあって歯列矯正なんて始めている場合ではない」

なんて人達はほとんどいないと思います。

ていうか、お金がないのは自分の責任で努力すればお金は稼いだり作ったりすることは可能です。


はやとはやと

学生の場合は?


学生であれば、

時給900円のバイト×1日5時間×週4日=18000円
18000円×4週間=毎月72000円

毎月72000円あれば歯列矯正なんて余裕でできます。

週4日であればあなたの努力次第では勉強との両立も可能だと思います。
1日を見直してみれば無駄な時間はたくさんあるのですから。

中学生は高校生になるまで我慢するしかないですね。


はやとはやと

一人暮らしの社会人の場合は?


一人暮らしの社会人に関しても、家賃を見直す、外食を減らす、無駄使いを無くすなどのことをすれば月3~4万円は浮くと思います。

歯列矯正中のたった2年間ほど質素な生活を我慢すればいいだけの話なのです。


はやとはやと

子育て中の専業主婦の場合は?


子育て中の専業主婦に関しては、1日中子供の世話や家事をしているわけではありませんよね。

必ず、1日の中で空き時間が何時間かあるはずです。

その空いた時間でお小遣い稼ぎをすればいいのです。

お小遣い稼ぎというのはスーパーのパートなどと言ったことではありません。

現代では、自宅でパソコン1台でお小遣い稼ぎを始めることができます。

ネットで調べればパソコン1台で始められるお小遣い稼ぎなんてたくさんでてきますので、自分にあったものを見つけて始めてみてはどうでしょうか?

やり方によっては1日2~3時間程度で月10万円くらいは可能です。



このようにお金がないのならお金を稼いだり、作ればいいだけの話なのです。

私自身、学生の頃は高校3年生の6月頃までは部活に熱中していたため、バイトはできませんでした。

しかし、引退後はすぐにバイトを始め、平均して月10万程度は稼いでいました。

最高で月14万くらい稼ぎましたね。

なので、あなたも何事も無理だと思わずに1度行動してみてください。

案外、無理だと思っていたことも実はそうでもなかったということもよくあるので。

スポンサーリンク


自分にあった歯医者さんを見つける

これはとても重要なことです。

歯列矯正の費用の支払い方法は歯医者さんによって様々です。

例えば、

・ローンを組んで月々数万円払う方法
・最初に頭金を数十万円払う方法
・半年後や1年後までに装置代金を払えば良いという方法

などなど歯医者さんによって支払い方法は異なります。

私の場合は最後の、

・半年後や1年後までに装置代金を払えば良いという方法

でした。

詳しく説明すると、
3ヶ月以内に10万円
1年以内に30万円
2年以内に60万円

を支払えばいいというものでした。

私は表側矯正で装置代金は60万円でした。

そのため、月々はワイヤーの調整費の5400円を支払うだけでよかったので心に余裕を持った状態で歯列矯正を行うことができました。

毎月少しずつお金を貯めて一気に支払うので私としてはだいぶ助かりました。

このように支払い方法は歯医者さんによって異なるので、是非、今のあなたにあった歯医者さんを見つけてください。

スポンサーリンク


まとめ

歯並びがコンプレックスだけどお金がないから歯列矯正ができない、という人達はあなたの他にも本当にたくさんいます。

しかし、ほとんどの人が努力すれば歯列矯正が始められるのに努力しない人達ばかりなのです。

あなたはそんな人達と同じように悪い歯並びのままでいいのですか?

もちろん嫌ですよね。
私も嫌でした。

だから、私は今綺麗な歯並びで笑えているのです。

あなたも今後ずっと、歯並びコンプレックスで悩みたくなかったら今すぐにでも行動し努力してください。

そうすればきっと3年後のあなたは綺麗な歯並びの笑顔で、行動した今のあなたを褒めているはずです。

悩んでいても仕方がありません。
是非、行動に移してみてください。